キャリア教育出前授業「富士通」「テレコメディア」(勝浦中学校)

12月20日(月)、勝浦中学校で、キャリア教育出前授業が行われました。

今回は、2年生の30名が対象で実施されました。「富士通」と「テレコメディア」が授業をしてくださいました。

最初に「富士通」の授業で、講師は、濱上隆道様と武田泰治様です。

オンラインで診察や手術をする遠隔医療や、生体認証を利用して手ぶらで買い物ができる近未来の社会を動画で見た後、

「どんなモノに、どのようなセンサーをつけて、何を分析して、何を解決する?実現する?」について、班で話し合い、発表しました。

課題解決には、データの分析に加えてアイデア力や想像力を必要とし、「若さは才能であり、1日1日と目減りしていくリソース」と教わりました。

   

次に、「テレコメディア」の授業で、講師は、橘本世里香様です。

テーマは、「実践できるマナー研修」です。接遇の5原則「挨拶」「表情」「態度」「身だしなみ」「言葉づかい」を丁寧に教えていただきました。

実際に、ペアで「好印象を与えるお辞儀」の練習などをしました。みんな真剣にノートを取るなど、社会の中で生かせる実践力が身についたと思います。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)