2021年6月の記事一覧

キャリア教育出前授業「NPO法人どりーまぁサービス」(黒崎小学校)

6月25日(金)鳴門市立黒崎小学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生20名を対象に実施されました。

講師は「NPO法人どりーまぁサービス」の山口浩志さんです。

まず最初に、これまでに誰かに頼まれて助けた事のある体験や、頼んでしてもらったことのある体験を発表してもらいました。

次に、4人ずつの班になり、「たすけあいゲーム」をしました。一人一人が「してもらいたいこと」のカードと、「自分ができること」のカードを持って、

お互いに助けてもらったり、助けてあげたりを体験しました。

その体験を通して、他者に何かを頼まれることより、頼むことの方が勇気がいること、また、助けられた時のお礼の仕方によって

相手の人からも喜びを感じてもらえることを勉強しました。

 (e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

   

キャリア教育出前授業「富士通(株)」「ドローン体験」(城ノ内中等教育学校)

6月18日(金)、城ノ内中等教育学校でキャリア教育出前授業が行われました。

先週に引き続き、3年生4クラス対象で、コロナ防止の為、オンラインで各教室で実施されました。

今回の授業は、「富士通(株)」と「ドローン体験」です。

まず、13:10~14:00富士通の授業では、

オンラインで診察や手術をする遠隔医療や、生体認証を利用して手ぶらで買い物ができる近未来の社会を動画で紹介。

課題解決には、データの分析に加えてアイデア力や想像力が必要とし、

「未来を担うのは若者。1日1日を大切に学んでほしい」と呼びかけました。

  

次に、14:10~15:00ドローン体験の授業では、

講師の松原裕生さん(日亜化学工業社員)が、様々な場面で活躍が期待されるドローンが、趣味から職業までどのような分野で活用されているか、

災害時にドローンが人命救助に役立つ等、動画で紹介してくれました。

最後に、実際にドローンを教室や廊下で飛ばして見せてくれました。勢いよく教室や廊下を飛び回るドローンに、

拍手や歓声が上がっていました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

   

 

キャリア教育出前授業「ソフトバンク(株)」「税理士法人徳島」(城ノ内中等教育学校)

6月11日(金)、城ノ内中等教育学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生4クラス対象で、コロナ防止の為、オンラインで各教室で実施されました。

講師は、「ソフトバンク(株)」と、「税理士法人徳島」です。

まず、13:10~14:00ソフトバンクの授業では、

ICTの最新動向、未来の私たちの生活や魅力を伝え、後半では、「10年後、どんな仕事をして社会に貢献しているか想像してみよう。」

などクラスで話し合いました。

  

次に、14:10~15:00税理士法人徳島の授業では、

「ビジネスのお金」などのテーマを、分かりやすく説明してくださいました。

どちらの授業も、生徒たちは、興味を持って真剣に話に聞き入っていました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

  

 

キャリア教育出前授業「キャリア相談室 manimani(まにまに)」(上八万中学校)

 

 6月4日(金)徳島市上八万中学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生の58名を対象に、体育館で行いました。

講師は、「キャリア相談室 manimani(まにまに)」の瀬尾ふみさんです。

「もし、自分が社長になるとしたら、どんな会社をやってみたい?」

「設立した会社で誰を雇う?一緒に働きたい人は、だ~れ?」等についてグループに分かれて考えました。

全員が真剣に協力しながら、楽しんで活動できていました。

最後の発表では、各グループから、細かな部分まで考えたユニークな意見も出ていました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

 

manimaniのスタッフの皆さん、お世話になりました。

第一回GIGAスクール構想推進タスクフォース会議を開催しました。

昨年度、文部科学省において「GIGAスクール構想」が進められ、

児童・生徒に一人1台タブレット端末を配布するなど、教育のICT化が進展する中、

学校現場ではタブレットを用いた学習指導方法などソフト面の取り組みが課題となってきます。

 

今年度、eーとくしま推進財団では、新たに「GIGAスクール構想」推進のために、

「GIGAスクール構想推進タスクフォース」を立ち上げました。

本タスクフォースは、学校での様々な課題の解決に向け調査・分析などを行い、

学校現場への解決策を提示することで、タブレット活用の活性化を図ることを目的

としております。

 

この度、5月12日(水)に、「第一回GIGAスクール構想推進タスクフォース会議」を

開催しました。 

当日の会議では、メンバーから自己紹介と各学校における取組について簡単にご紹介いただきました。

 

タスクフォースのメンバーには各地域(東部・西部・南部)から学校現場の教員(小学校4名、中学校3名)

をはじめ、私立学校からも参加いただいており、今後、活発な意見交換ができることを期待しています。

(GIGAスクール構想推進タスクフォース リーダー 井内)

 

また、鳴門教育大学からは阪東准教授がアドバイザーとして参加されました。

令和3年度からの新規事業「キャリア教育出前授業」がスタートしました。(当財団主催)

6月より、当財団主催のキャリア教育出前授業がスタートしました。

 

今回、第一回目として吉野川市の高越小学校の4・5・6年生90名を対象に、

株式会社 山全のドローン体験授業が行われました。

(実施日時 6月1日(火)10:35~12:10)

 

高さ100メートルまで、一気に昇っていくドローンに歓声が上がっていました。

操縦体験では、講師の先生が丁寧に指導してくださり、全員が楽しめていました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)