2021年7月の記事一覧

キャリア教育出前授業「ドローン体験(松原裕生・日亜化学工業社員)」(黒崎小学校)

7月19日(月)鳴門市立黒崎小学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生の20名を対象に、ドローン体験授業を体育館で行いました。

 講師は松原 裕生様(日亜化学工業社員)です。

最初に、動画などでドローンの説明を受けたあと、3つの班に分かれ、

「パソコンでドローン操縦の練習」・「タブレットでイメージトレーニング」・「ドローン展示の見学」を交代で行いました。

そして、実際に一人ずつドローンの操縦を体験していきました。

慎重にゆっくりドローンを離陸させて、みんな上手に操縦できていました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

   

  

キャリア教育出前授業「ソフトバンク(株)」(江原中学校)

7月16日(金)美馬市立江原中学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、2年生44名が対象でした。

講師は、「ソフトバンク(株)」の武智 信行様でした。

いきなりペッパー君の挨拶で始まり、生徒たちから自然と拍手が起こりました。

ICTの最新動向や未来の説明があり、その後で「10年後、どんな仕事をして社会に貢献しているか想像してみよう。」

というテーマで、みんなで考え、話し合いをしました。

 (e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

  

キャリア教育出前授業「とくしまリヴィング・ラボ」(三野中学校)

7月16日(金)三好市立三野中学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生41名が対象でした。

講師は、「とくしまリヴィング・ラボ」の観元 眞人様です。

テーマは、「10年後、どんな仕事をするの?」です。

2人でペアになり、聞き役と答え役を交代しながら、話し合いを進めていきました。

先ず「夢や将来の目標を持つことが大切」であり、そのために「何をすべきか考え行動すること」が必要であることを学びました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

   

キャリア教育出前授業「徳島県立人権教育啓発推進センター(湯浅眞典)」(鴨島小学校)

7月16日(金)吉野川市立鴨島小学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、6年生74名が対象でした。

 講師は、徳島県立人権教育啓発推進センター 徳島県人権問題講師団講師 湯浅 眞典様です。

テーマは、”「ネット・ゲーム依存」や「SNS上のトラブル」について” (スマホの向こう側はインターネットの世界)です。

ネットゲームに夢中になるとどうなっていくのか。ネット依存に特有の症状とは何かを教わりました。

また、SNS上のトラブルに巻き込まれないために気をつけることをわかりやすく説明してくれました。

加害者にも、被害者にもならないために、「自分のことを大切にする」「相手のことも大切にする」ことを学びました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

 

キャリア教育出前授業「税理士法人徳島」(石井中学校)

7月14日(水)石井町立石井中学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、2年生151名が対象でした。

講師は、「税理士法人徳島」の尾﨑 大様です。

「お金・仕事とライフプラン」というテーマで、教育に必要なお金、お金と幸福度の関係、

高収入を得られる方法等について、わかりやすく説明ありました。

「世の中には、色んな種類や価値のお金がある」「ヒトに出会いチャレンジすることで可能性は広がる」ことを学習しました。

 (e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

  

キャリア教育出前授業「徳島県立人権教育啓発推進センター(湯浅眞典)」(城西中学校)

7月14日(水)徳島市城西中学校でキャリア教育出前授業が行われました。

今回は、2年生200名が対象でした。

講師は、徳島県立人権教育啓発推進センター 徳島県人権問題講師団講師 湯浅 眞典様です。

テーマは、”「ネット・ゲーム依存」や「SNS上のトラブル」について” (スマホの向こう側はインターネットの世界)です。

ゲーム依存の実態や、ネット上での誹謗(ひぼう)中傷(ちゅうしょう)は、どのような罪になるかや、誹謗中傷

から身を守るには、どうすればよいのかなど、わかりやすく説明がありました。

加害者にも、被害者にもならないために、「自分のことを大切にする」「相手のことも大切にする」ことを学びました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

 

インターネット安全教室(新開小学校)

7月13日(火)小松島市新開小学校でインターネット安全教室を開きました。

今回は、5,6年生が対象でした。講師は、当財団の籔内祥司先生です。

スマホ・携帯電話等で連絡を取り合うときは、お互いが相手の立場を考えながら行うことが大切であることや、

ゲームをするときは、依存症にならないために、前もって時間を決めておくことや、他の活動に時間を使うことが大事であることを学習しました。

(e-とくしま インターネット安全教室担当 角 知弘)

       

 

キャリア教育出前授業「キャリア相談室 manimani(まにまに)」(黒崎小学校)

7月7日(水)鳴門市立黒崎小学校で、キャリア教育出前授業が行われました。

今回は、3年生20名が対象でした。

講師は、「キャリア相談室 manimani(まにまに)」の瀬尾ふみさんです。

今日の授業は、「ハンバーガー なんでできてる?」でした。

最初に、ハンバーガーがどんな材料からできているかを発表しました。

次に、それぞれの材料はどんな仕事によってできているかを班で考え意見を出し合いました。

最後に、お店で働く人にはどんな人がいるのかを考えました。

1個のハンバーガーはたくさんの材料でできていて、そのためにたくさんの仕事があり、たくさんの人が働いていることがよくわかりました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

 

キャリア教育出前授業「徳島県社会福祉事業団 徳島県障がい者スポーツ協会 」(長生小学校)

7月2日(金)阿南市立長生小学校で、キャリア教育出前授業が行われました。

今回は、5年生19名を対象に実施しました。

講師は、「徳島県社会福祉事業団 徳島県障がい者スポーツ協会」の澁谷さんと永井さんです。

始めに、教室で障がい者スポーツについての説明がありました。

次に、体育館に移動して、実際に障がい者スポーツを体験しました。

最初は、「ボッチャ」です。目標の白いボールに、赤・青のそれぞれのボール(中身は砂)を投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。投げるうちに、だんだんと距離感がつかめてきて、最後のゲームでは、白いボールにピッタリとつける子どもが何人もいました。

次に、「フライングディスク」を体験しました。プラスチック製の円盤状のディスクを目標のリングに通す競技です。

 こちらも、最初は飛びすぎたり、斜めに飛んだりしていましたが、徐々に全員がリングにディスクを通すようになってきました。

最後に、「難しかったけど楽しかった。」「ルールを少し変えるだけで、障がい者もそうでない人も、みんなが楽しめるのがいいと思った。」などの感想が聞かれました。

  (e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)

  

   

キャリア教育出前授業「(株)山全」(藍住西小学校)

6月30日(水)藍住町立藍住西小学校で、キャリア教育出前授業を実施しました。

今回は、特別支援学級の34名が対象で実施されました。

講師は、「(株)山全」の武田さんと猪森さんです。

ドローンを使った体験学習を一人一人全員が体験しました。

講師の武田さんに、操縦の仕方を教わりながら、離陸・上昇・旋回・着陸を実際に行いました。

児童全員が操縦を楽しみ、上手に操縦できていました。

最後に、ドローンのカメラで、上空から記念撮影をしました。

(e-とくしま キャリア教育担当 角 知弘)