2022年7月の記事一覧

プログラミング教育出前授業(一宮小学校)

7月13日(水),徳島市一宮小学校4年生9名を対象に,プログラミング教育出前授業を実施しました。

Scratchを用いて,最初にキャラクターを動かす簡単なプログラムを作成しました。

次に,月の動きと形について未履修の内容を先取りし,それを表現するプログラムを作成しました。

作成したプログラムに,自分で工夫を加え現実に近い動きを表現したり,

月の座標などの数値を変えることでどんな変化が起こるか試したりと,

一人ひとりが個性を出しながら,楽しく学習することができました。

 

(e-とくしま推進財団 教育情報化支援担当 西岡 政希)

情報モラル教室(高浦中学校)

7月5日,高浦中学校152名を対象に情報モラル教室を実施しました。

SNSの利便性と危険性,情報の信憑性,自分や友人の個人情報を守ること,

LINEの特徴や気をつけるべきこと,ゲーム依存にならないための未然防止など,

スマホやネットとの付き合い方について学ぶことができました。

 

(e-とくしま推進財団 教育情報化支援担当 西岡 政希)

プログラミング教育出前授業がスタートしました!

6月20日(月),阿南市立宝田小学校にて,令和4年度第1回目となるプログラミング教育出前授業を実施しました。

6年生34名を対象に,Scratchを使った授業を行いました。

前半はScratchの操作に慣れるために,動物を動かすプログラムを組んだり,絵や背景を変えてみたりと,

基本の操作で自由にプログラムを組んでいました。

後半は理科で勉強した蒸散の流れを表現するために,試行錯誤しながらプログラムを組んでいました。

完成したあとも,さらに花が咲く様子を組み込む児童もいました。

 

当財団では,タブレット端末の利活用の「きっかけ作り」としてプログラミング教育出前授業を行っております。

実施を希望される場合は,お早めにお申し込みください。

(e-とくしま推進財団 教育情報化支援担当 西岡 政希)